Marriage Blue(マリッジブルー)

                                            ニッシーと南 一也とのアコースティックユニット。

 

元Marriage Blueのメンバーであった平河 潮の他界をきっかけに、亡くなった平河の楽曲を唄
いついで行こうという趣旨で、平河の共通の友人である2人で2007年にMARRIAGE AGAIN
を結成、平河の楽曲にそれぞれのオリジナル曲を加えライブ活動を精力的に開始。
2009年3月にユニット名をMarriage Blueとする。
地元のライブハウス等や、北九州市の観光施設、門司港海峡ドラマシップでの定期ライブ、
NHK北九州放送局主催、サンデーコンサート出演。
相方ニッシーの関西移住により、ライブ回数は減るが、
お互いに関西、九州を行き来しながら活動継続中。
2010年、第14回NHK熱血オヤジバトル西日本ブロック大会出場。
2013年、京都市円山公園音楽堂で行われた、京都文化祭典フォークコンサートオーディション
にてオーディエンス賞受賞。
ニッシー
 1986年、大学進学とともに鹿児島へ・・・。18才の冬にアコースティックギターを始める。
このころから日本のフォークソングに強く魅かれていき、オリジナル曲を作るようになる。大学
の学園祭などでライブを開始する。
1995年就職とともに北九州へ、1997年頃からライブ活動を再開する。小倉のライブハウスでレ
ギュラーとなり、定期的にライブをこなし、遠藤賢司のオープニングアクトも務める。
このころはもっぱら弾き語りスタイルでのライブ。当時、出演していたライブハウスで平河・南と
出会い、2002年にMarriage Blueを結成、以後3年間ユニットとして精力的に活動する。残念な
ことにユニットの相棒、平河 潮が病気により2005年に他界。
悲しみを乗り越え、平河と共通の友人だった、南 一也と2007年よりユニットでの活動を再開。
南 一也
高校1年からギターをはじめる、3年生のとき文化祭で初ライブ、このころからオリジナル曲を
作り始める。卒業後、地元の小さなフォークサークルに所属、約100曲のオリジナル曲を数年
間で作りつつ、ライブ活動開始。
20代、ライブハウスを中心に、精力的にライブをこなす日々。30代、ライブの回数が一年に1
~2回に減るも、パワーを内に秘め機会をうかがう。 30代後半、思うところあり1998年夏、
小倉のライブハウスのオーディションを受け積極的にライブ活動を再開。この頃、西岡・平河と
出会う。以後約10年間、ライブハウスを中心に各所の企画もののライブなど月2~4回程のス
テージをこなし、永井龍雲、細坪基佳、山木康世、加川良、因幡晃らのオープニングアクトも務
める。
かねてより友人であった西岡義晃と共通の友人、平河 潮の他界をきっかけに、2007年西
岡とユニットを結成。
ウッシー(本名:平河 潮)
中学3年の時、たまたま友人から借りた松山千春のレコードに感銘を受ける。どうしても弾き語
りをやりたくて高校の入学祝にギターを親に買ってもらう(現在も愛用)。友人の影響もあって、
アリス、長渕剛、尾崎豊などの音楽にはまって行く。
1985年、就職を機に博多へ、ライブ活動開始。ライブハウスに入り浸るようになり、
名だたるミュージシャンたちと知り合う。すぐに店が閉店し、活動休止。
1994年、再びライブ活動を始める。
1996年、新しい活動の拠点を求めて、
出身地でもある北九州のライブハウスでレギュラーとなり、西岡、南と出会う。
2002年に西岡とMarriage Blueを結成。2005年5月、すい臓がんのため39歳という若さで他界
ウッシーが健在な頃の Marriage BlueのHP

CD発売中!

Marriage Blue 及び 南一也の出演するライブ会場で購入できます。

タイトル

テキスト

タイトル

テキスト


さぁ、はじめましょう!

Jimdoで、世界でたったひとつ、あなただけのホームページをつくりましょう。クリック&タイプ操作で、画像やフォームなどのコンテンツ追加、文章の作成、編集が驚くほど簡単にできます。 ソーシャルボタン、ブログの作成も対応しています。